QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
BCS
BCS

2018年04月23日

ロマン銃 マッドマックス

こんにちは
BCSミリタリーワールドのテツヤです。
よろしくお願いいたします。

最近これも欲しい、あれも欲しい、趣味は多すぎで物欲が抑えられなくなってしまった!。。。。。。face08

一体男のロマンあふれる趣味は何でしょう❓ 車、バイク・・・・・・・・・・旅行や冒険など色々だと思いますね。

今回紹介させていただきたいのは男のロマン武器 マッドマックス!!
70年代の映画「マッドマックス」で主人公が使用したことで一躍有名になった銃で、
水平2連式ショットガンをバレルとストックをカットしてショート化したものです。


ガスガンとしてはかつて国内メーカーのハドソンがモデルアップしていたのみだったマッドマックスが、台湾の「華山」からリリースされて以来、
視覚的にも触感的にも迫力の質感を楽しめますので、圧倒的な存在感を放っています。さらに正規総代理店合同会社ツーコーストにより、ガス注入バルブを国内仕様に変更し、STGA(全日本トイガン安全協会)の安全基準試験にも適合した安心のJPバージョンになっています。



グリップとハンドガードは上等なローズウッドとなり、リアルウッドの質感を愉しめますね。使うほど味が出そう!!

水平2連中折れ式で、実銃の雰囲気をリアルに再現しているでしょうかね。

レバーを左右に動かすと開閉します。レバーの後にセフティーがあります。

トリガーは左右に2つ付いています。ストロックはとても短いので軽く引くと発射します。

ハンマーはこういう感じの押すタイプとなります。

これは新しいバージョンのカートリッジです。アルミ製で作りがなかなかいい感じ、一本当たり24発の装弾数はかなりロマンでしょうface08まぁ~飛べないなface02

STGA(全日本トイガン安全協会)の安全基準試験をクリアしたので、証明シールもしっかりと貼っています。



「マッドマックス」をもう一度観たいな~

小売店様も募集しております。問い合わせをお待ちしております。
合同会社 ツーコースト
BCSミリタリーワールド
TEL/FAX :0749‐20‐9730

  


Posted by BCS at 17:27Comments(0)

2018年04月22日

作戦参謀00の雑談③

どうも、みなさん、BCS作戦参謀の00(ダブルオー)です。
天気がどんどん暑くなりまして、ガスガンのシーズンがきましたね。前回のブログで店の宣伝をしなかった理由で、「01からお前はガスブロほしいか?ぜんぜん。お前はガスブロほしいだろう。いいえ、特にほしいわけではないが。こいつを買え。はい、分かりました。」という段取りで、WE(Cybergun)トンプソン・サブマシンガンGBBRを買ってしまった!!!

トンプソン・サブマシンガンと言ったら、即アメリカチカコのマフィアーじゃなく、WW2の米軍を思い出しますね。

こんな感じです。




つや消しのメタルボディ、シンプルなデザイン、さすが男たちの銃だね。持った感じは見た目ほど重くないが、ストックが長く、ちょっと構えづらい。やはり、脇のしたに挟んだほうが楽ですね。

マガジン装着部は少し隙間がありますが、ガタツキは一切ありません。



フレームの左右には刻印があります。




Cosplayには興味ないため、これであっているかどうか、自分にとってそれほど重要ではない。(01にレベルが低すぎだと言われた)

分解には、少しコツが要る。
まず、セレクターをファイアとフルオートに入れる。


それから、トリガーを引きながら、後ろのボタンを押したままで、フレームをスライド可能となる。



分解後はこんな感じです。







マガジンには空打ちモードが付いているため、リコイルだけ楽しめる。
通常モード


空打ちモード


ガスを入れる際、やはり音しないタイプです。目を閉じて、十数秒を数えればいい(かなり適度)。海外製品とは言え、日本のF134aガスでちゃんと動きます。

素人のレビューはここまでですが、サバゲーより、座席シューティング、ディスプレーとしての機能は十分だと思う。ご興味のある方、01までお問い合わせください。
それでは、また次回。
  


Posted by BCS at 23:21Comments(0)雑談

2018年04月22日

実銃対応 VECTOR OPTICS SVD ドラグノフ AK用ドットサイト

こんにちは
BCSミリタリーワールドの長谷川です。
よろしくお願いいたします。

4月は色とりどりの花が咲きそろう季節ですね~face01
みんなさん、サバゲーはどうですか❓楽しんでますか!❓ 
実店舗をオープンしてから、いろいろと多忙な日々が続いてますが、頑張ってきたので自分へのご褒美は?、毎日考えています。face03

結局、やはりこれだ~~~やっと来ました。

まぁ~もちろん半分仕事にできる遊び((´∀`))ケラケラ 当方もこれからトレポンの取り扱いも検討中!!

さて、本題に入りますね~

実銃用光学器機のメーカー VECTOR OPTICS社の最新製品を紹介させていただきます。

ドラグノフ AK用 1X28 レッドドットサイト!!

AKシリーズ近代化モデルの好きな方に大変お勧め!! PK-Aのレプリカが出回っていますが、
実銃対応高品質のドラグノフ AK専用のドットサイトはこれ以外にありませんでしょうかね!❓

対物レンズには、オレンジ色のコーティングがされています。

調整方はドラグノフのスコープと同じです。

レティクルは赤い点になってます。光量が調整できませんが、高輝度のため、太陽の日差しが強い環境でも発光量は十分です。

AK専用のマウントが付属してます。高さはドラグノフ用のマウントより高くなっています。

当店はVECTOR OPTICSの正規輸入指定販売店となりますので、もちろん保証も付いております。

いかがでしょうか?、akシリーズファンの皆様face02
是非ご検討ください。

他のVECTOR OPTICSの新商品も続々と入荷しておりますので詳しい内容を店舗までお問い合わせください。
BCSミリタリーワールド
http://www.bcsw.co.jp/
☎:0749‐20‐9730





  


Posted by BCS at 13:39Comments(0)

2018年04月16日

MADBULL製 JP Riflesライセンス取得したフレーム

こんにちは
BCSミリタリーワールドの店長 テツヤです。

今週新商品続々と入荷しております。

今日MADBULL製 JP Riflesライセンス取得した商品をいくつか紹介させていただきます。

JP RIFLESとは? 日本でそこまで知られていないでしょうかと思います。

アメリアカスタムガンメーカーJP ENTERPRISES社からリリースされたマッチガンです。

ミリタリー仕様と普通の民間仕様のAR系に比べると繊細ながら豪放な存在感を漂わせるでしょう!個人的には今までとても気に入るライフルです。

さて、




細部まで至るリアルな刻印やエッジの効いたボディーなどが強い個性を主張しています。
100%CNCを用いているのは有り難いですね!精度と剛性が期待できそうです。
フォアードアシストノブとダストカバー無しのスッキリなデザインは馴染んできたミリタリー仕様とは一味違いますね。


最近このような細身の円筒ハンドガードをとても気に入ってます。
フォアグリップを付けなくても握りやすそう!(笑) 特徴的なスリットは軽量はもちろん、拡張性も期待できるでしょう。


刻印がしっかり施されてます。


ハンドガードの基部も独特なデザインになってます。


今回入荷したのは12インチハンドガード対応仕様のアウターバレルキットです。
付属のエクステンションアウターバレルで16インチ、18インチ、20インチ、24インチ4種類の長さへチェンジできます。


ガスブロックは一般的なものとは違う構造になっています。上にレールが付いていることでフロントサイトの取り付けが可能です。
これも刻印がしっかり入ってます。




これからJP Rifles をモチーフに当方のオリジナルコンプリートを作ります((´∀`))ケラケラ、まっちゃん頑張ってください。
お問い合わせなどお待ちしております。
BCS ミリタリーワールド
http://www.bcsw.co.jp/
TEL・FAX:0749‐20‐9730  


Posted by BCS at 18:17Comments(0)

2018年04月13日

cybergun F2000 紹介1

こんにちは、
BCSのスタッフです。
最近非常に人気のF2000ですが、外装、内部気になってる方もおられると思いますので、部分的に紹介して行きます。
参考程度にG&Gの物とちょっと比較してみます。

サイトが乗っているのがG&Gです。

外装はほとんど変わらないです。
重量はG&Gの方がちょっと重たいような気がします。



チャンバーですが、同軸ドラムの2分割になっております。



ただ、ちょっと回転が軽いので、気になる方は、

この部分を外して

適当な薄い板やビニールテープなどをカットし、

ここにはめれば調整出来ます。

また次回中身や当店で調整している部分なども紹介していきます。  


Posted by BCS at 00:09Comments(0)

2018年04月12日

作戦参謀00の雑談②

どうも、みなさん、BCS作戦参謀の00(ダブルオー)です。
今回、サバゲー装備について、私自身の経験談となります。買ってよかったものと買って失敗したものをいくつか紹介したいと思います。
上から下までの順番で行きます。(下記の写真は買ったものと同じタイプの写真です。ご参考まで)
・ヘルメット
自分はエマーソンのタクティカルヘルメットを買ったのですが、物自体は問題ありません。ただ、頭部にいろんな物(ビデオカメラ、イヤーフォン、コスプレー系の装備等)つける予定がなければ、ヘルメット自体はサバゲー向けの物とは言えません。デカイ的として、狙われやすいからだ。



・ゴーグル
言うまでもないが、必須品です。私がメガネをしている上に、頭からの汗かきが半端じゃないため、眼鏡併用と曇り対策が必要です。前、度数付きのサバゲー用サングラスも作ってもらったが、ジャングル戦のような暗いところでは、ちょっと見えにくい時もあります。(というより、ジャングル戦、敵見えねじゃん)



・フェイスマスク
サバゲーで歯が折れたケースがたまにはありますね。これから、デブ維持のため、歯が命!!!自分はハーフマスクを選択した。銃の構えも考慮したデザインで実用性もよい。



・マフラー
首の被弾がかなり痛いですよね(妻から、お前は首あるのか)そして、耳の保護も考えて、アフガンストールがいいでしょう。



・ベスト類
もともと、ロンドンブリッジ式のチェストリングを買ったが、シャツ一枚で参戦のため、背中と胸の被弾が痛いから、普通のタクティカルベストにした。(下手くそと思われるだろうが、最初の頃はこんなもんですよ)マグポーチはLaylaxさんのバイトマグにした、ベストに付属するマグポーチはグローブ着用でマグ交換しづらいからだ。但し、バイトマグ固定用のネジとナットがなくしやすい、要注意!!!





・グローブ
ゴム付きの厚めのグローブはお勧め。



・ニーパットー
肘パットーをつけるとちょっと動きづらくなりますが、ニーパットーは必須、ズボンについているものもあるが、やはり単品購入、しかも実物のほうが安心。



・レグホルスター
正直、ハンドガンを使う場面が多くないが、つける位置も胸とか、腰とか試したこともある。やはり、太ももにつけるのは個人的に一番です。ブラックホークのレグホルスターを買った。走っても、銃が落ちないから。ナイロン製のフリーサイズですと、銃が落ちる。何回も見ました。



・ブーツ
最初、3000円のブーツを買ったが、失敗だった。底のクッションが薄く、しっかり足の保護になっていない。後ほど、ベイツというメーカーの米軍放出品を購入した、インナークッションもついて、防水、軽量、なかなかいいブーツです。アマゾンで買ったが、今から考えると、やはり実店舗で試着してから、購入したほうが安心ですね。
3000円のブーツ


米軍放出品



これら以外、使いやくい装備もたくさんあります。多少の失敗があっても、自分自身に合う装備であれば、よいでしょう。後はゲームをやりながら、少しずつ改善していくしかありません。ちなみに、自分は実用主義なので、特に実物とか、コスプレーとかに拘らないが、より使いやすいものであれば、実物関係なく、揃って行きたい。皆さんのご参考になればうれしく思います。(どっかで聞いたようなセリフだね、某ユーチューバーさん)

それでは、また次回
  


Posted by BCS at 18:46Comments(0)雑談

2018年04月12日

cybergun F2000カスタム

こんにちは。
cybergunのF2000少量入荷しております。



今回は、カスタム済みで数本ご用意致します。



メカボは、バージョン3で黒い塗装がされています。



ピストンのレールに塗装が乗っていると剥がれてカスが出ますので、レールは剥離、研磨しておきます。



メカボは、F2000の場合、
ギア、シリンダー、ピストン、ピストンヘッド、などを交換します。
ギア、メカボ、タペットプレートなどを加工し組み込みます。



ピストンにはウェイトを追加します。



今回はこちらのFETを組み込みます。



配線は、lonexの高効率のものに引き直してあります。



スペースは沢山あるのでFETはどこでも入ります。
ちょっと放熱するようにメカボに密着させて固定します。
つぎは、チャンバー、バレルです。



こちらがノーマル最大ホップです。



チャンバーパッキンを交換するとこんな感じでホップの凸がかなり低くなりますのでちょっと改善します。



ゴム板を4×6にカットし、



パッキンの上に乗せて組み込みます。



いい感じに形が出ました。

これであと細かい部分を仕上げて試射しに行きます。






  


Posted by BCS at 00:05Comments(0)

2018年04月05日

BCSオリジナルコンプリート

初めまして
BCS ミリタリーワールドの店長を務めている長谷川と申します。
よろしくお願いいたします。
好きなことを仕事にして、毎日を充実しておりますね((´∀`))ケラケラ
クリエイティブな人になりたい私は。。。。。。。。。。。。。1から電動ガンの組み上げに取り組んでおります。( ´艸`)
ディテールにこだわっ た外装のデザインはもちろん、性能面にも妥協せず、究極な電動ガンを目指しております。
製作にもちろん秘密兵器は不可欠ですね、さて、当店の秘密兵器とは?‼。。。。。。。。。。。。。。。

カスタム担当のまっちゃんです!!

それではまっちゃんの作品を紹介させていただきます。




人気なM18をモティーフにした一丁です。刻印はstagarms仕様となっております。




個人的に好きな形ですね。(外観のデザインは私です((´∀`))ケラケラ)、もちろん実銃に存在しないG&Pのオリジナルのmots仕様





やはりスケルトンルック のフレームはカッコイイ!! 全体的に違和感なく、迫力と繊細さを感じられるでしょうかね。。。。。。。。。

それでは内部のスペックを、まっちゃんから後日改めて紹介させていただきます。
もちろん問い合わせもお待ちしております。

  


2018年04月04日

作戦参謀00の雑談①

皆さん、はじめまして、BCSミリタリーワールド作戦参謀の00(ダブルオー)です。よろしくお願い致します。
なぜ、こんな名前にしたのか。元々、雑談部の部長にしたかったが、雑談で給料もらえるかと怒鳴りの店長の顔を思い出すと、まあ、店長サポート役の参謀職が無難だと感じざるを得ませんから(因みに、店長のコードネームは01です)。
さて、初めての雑談ですが、サバイバルゲーム(今後サバゲーという)のプレやーとして、どんなエアソフトガン(今後銃という)が一番いいのか。個人なりの感想と今までの経験を皆さんと意見交換できればと思います。プロの方は飛ばしてください。そして、技術と製品関連については、01までお問い合わせいただければ助かります。
サバゲーを始める前に、Youtubeのレビュー動画を見たり、ほかの方のブログを見たり、お金の試算をしたり、精神的な準備(妻に無駄遣いと言われる覚悟)も含め、いろいろやったが、結局自分の直感で、Krytac trident MK2 CRBを某老舗のベーシック調整メニューで購入しました。当時(今でも)、初心者の自分は中長距離、近距離戦を同時対応できるCQBサイズがほしくて、剛性PRのKrytacを一目ぼれで選んだわけです。結果として、0.25gBB弾使用で、まっすぐな弾道、40メートルの精度(マンターゲットの上半身)、初心者の自分に十分な性能を持つ一丁だった。今から見ると、汎用性の高い銃とは言えるのではないかと思います。しかし、銃には問題ないものの、自分自身の考えには甘いところがあった。それは、万能銃を買おうとしたことです。後から気づいたが、サバゲーにおいて、自分自身の行動パターンは何でしょうか。アタッカーか、スナイパーか、ディフェンサーか、そして、フィールドの種類によって、使う銃も違ってきます。まず、これらの使用条件を考えた上で、銃選びをしたほうがいいかもしれません。あくまで、大事な趣味に徐徐に投資していくという大前提の話です。オールワンで対応したい方は最初から、好きな形の銃と最高レベルのカスタムをすれば一番いいかもしれません。(当店のコンプリートをぜひご考慮に入れていただければ大変ありがたい。以下、宣伝4000字省略……)

当初のKrytac CRB、LONEXの100メインスプリング、SHS守護神ハイトルクモーターに変更。初速:ノンホップ 86~7m/s 適正ホップ 85m/s  サイクル:秒間16~17発




その後、諸事情により、CQBサイズからCQCサイズに変更、自称CRB改PDW、性能はほとんど変わっておりません。更に近距離戦を想定し、カスタムをしている途中です。




後ほど、01から、必死の洗脳……じゃなく、推薦でVFC AVALON SABER CQB購入とそのカスタムも実施。サイクル:秒間25発 精度:40メートル A4紙に収まる。現在、こいつで市街戦に挑んでおります。




サバゲーと言ったら、ゲームに勝つための楽しみ方、ヒットを取るための楽しみ方、コスプレーの楽しみ方、ただ相手に弾幕をはるだけの楽しみ方、いろいろありますが、私の場合は自分の直感を信じて、最初の銃を購入したわけです。これで正しいかというより、自分の性格にあったものだと思います。皆さんにとって、理想な銃とはどのようなものでしょうか、率直な意見交換ができればうれしく思います。

それでは、また次回。
  


Posted by BCS at 19:20Comments(0)雑談

2018年04月01日

LCT pp19-01vityaz ETU組み込み



こんにちは、
BCSのスタッフです。

最近人気のLCT pp19-01vityazですが、G&Gの電子トリガーETUの組み込みが可能か、との問い合わせをたまに頂きますので、紹介致します。

pp19は、AKと比べてレシーバーが短いので、バッテリー、ETUの基盤の収納が出来るのか心配でしたが、多少の加工で組み込みは可能です。

まず、配線が長いので、基盤からモーターと基盤からバッテリーの配線を引き直します。この際にヒューズを外しバッテリーのコネクターを小型のt型に交換します。
スチールプレスレシーバーはバリなどもありますので、配線を痛めないように処理、養生しておきます。
ETUでヒューズレスにするとバッテリーを反対に繋ぐと基盤が燃えますので気をつけて下さい。



基盤はこの部分に収納出来ます。



スイッチまでの配線はちょっと長いので、余った部分をリアサイトの下の空間に収めます。
リアサイトの板バネで潰さないよう気をつけてください。



ハンドガード固定の部分にも配線が出ないようにしておきます。
これで基盤は収納完了です。

次はバッテリーのスペースを確保します。



ダミーボルトをカットします。



トップカバーを閉めた時に切断した部分が見えないように記しを付けて加工します。



ここにバッテリーを収納します。



バッテリーのサイズは、11.1v 17×20×125(mm)以下のバッテリー(M4ストックパイプインサイズ)を使用します。
ちょっとキツめですがなんとか収まりました。
バッテリーを収納すると、ダミーボルトが動かせなくなりますのでポップの調整はトップカバーを開けて行います。

今回画像のpp19-01は当店テスト用の物です。

メカボへの組み込みは、また後日アップします。

因みに今日は、ロシア風のBBQシャシリクを頂きました。



  


Posted by BCS at 13:34Comments(0)